葬儀
墓地

手続きを済ませる

葬儀をするだけで終わりというわけではありません。葬儀以外にも手続きをしなければならないことがあります。大阪の葬儀社はこうした手続も承ってくれるため、遺族の負担を減らすことが出来ます。

» 詳細はこちら

日本の葬儀

認定協会からお墨付きをもらっています。遺品整理の宝塚業者は、高品質な作業を遂行してくれるので信頼できますよ。

遺品の整理は身体的にも精神的にもダメージが大きい作業です。遺品整理を京都で行なっているこちらに依頼するのをオススメします。

香典袋

日本での葬儀といえば、お金がかかるというイメージがあります。
葬式を日本で上げる際にかかる平均費用は200万円以上であることが一般的です。
しかし、海外ではこのような膨大な値段がかかるような事は一切なく、アメリカでは平均45万円、日本のおとなりである韓国などでは37万円ほどとかなり安い値段となっています。
イギリスやドイツなどではもっと安く、イギリスが12万円ほどでドイツが20万円程度となっています。
改めて葬儀にかかる費用を日本とその他の先進国で比べてみると100万円以上差があることが分かります。
日本の一般的な葬式の場合、葬式を執り行なう葬儀社に支払う費用が140万円ほど、参列する方々に振る舞う料理などにかかる費用が40万円、お布施などの葬儀の際に利用するお寺に支払う費用が55万円程となっています。
このような内訳になっていますが、1つ1つの費用にお金がかかりすぎています。
最近ではこのようなお金をかける葬式のスタイルが見直されていて、家族葬や自由葬などで安く済ませることが出来るようになっています。
なかでも家族葬などは一般的に20万円程度で行なえるとてもリーズナブルな葬儀となっています。
葬式を行なう場所なども通夜式や告別式などを行なう会場なども自分で選択できるので自宅や地域の会館や斎場、貸ホールなどを選択できるようになっているのでそのような点が葬式費用を安く抑えられるポイントとなっています。
東京や大阪にはこのようなスタイルの葬儀会社が増えてきているのでリーズナブルな葬式をとり行ないたい場合はこのようなスタイルの葬儀会社を利用するようにしましょう。

墓石の価格を一括見積りすることができるサイトがこちら。複数社の提示する金額を確認することができます。

家族葬を大東市で行なうなら、事前にプランの費用や内容をチェックしよう!葬儀社のホームページをご覧になると良いですよ。

家族葬の準備で必要な物や知っておいたほうがいいことなどは専門サイトで調べることが出来ますよ。早速リサーチしてみましょう。

拝む人

プランを検討する

社葬や家族葬、音楽葬に密葬など様々なプランがあります。大阪の葬儀社は各プランを揃えているため、遺族の意見や故人の理想通りのセレモニーを行なうことが出来るでしょう。葬儀社選びが大きく関わります。

» 詳細はこちら

手に数珠を持つ

理想のセレモニー

葬儀に重要なことは相談です。相談をすると費用やプランなど大切なことを決めることが出来ます。大阪の葬儀社はいつでも丁寧な対応をしてくれるため、なんでも相談出来るでしょう。

» 詳細はこちら